昨日から今週のQ&A動画で紹介されたインジケーターを導入してみましたのでその検証をさせていただきます。
今迄オシレーター系のインジケーターは新興株のようなボラの高い銘柄では使えないと思っていましたが、私の認識不足で全くそんな事はありませんでした。
平均足と組み合わせることによって、損失を減らし、いい場所でエントリーできるように思えます。
急騰よりもマザーズ1%との相性が合うかと思います。
過熱感と言えば、歩み値のスピードやティック回数など感覚的に感じるしかなかったのですが、
ストキャスティクスで数値で示してくれるので、とてもエントリーしやすいです。
間違ってるかもしれませんが、セットアップは平均足が反転した直後にしました。
このインジケータの組み合わせに辿り着くまで相当な工夫や努力をされたのだと想像できます、
しかも無料で提供してくれたスクール生のOさんに感謝します。

2160GNI(1/20)
戸惑ってしまいエントリーが遅れた。
決めたタイミングでやれば、2075円~2020円まで2%強とれていた。
実際は遅れて追いかけるように2050円売り、2045円決済と恥ずかしい結果になってしまった。

3479TKP
3回目のシグナルでエントリー、1.2回目のシグナルでエントリーしなかったのは、
インジケータと足の条件が揃ってなかったので。
3回目が条件に当てはまりすぐエントリー、売り2325円~2280円、2%。
ロスカットは1%で設定していたが、リスクリワードも悪くなかった。
2160GNI 1000円
3479TKP 9000円
129